パソコン用UPSのバッテリをバイクのバッテリ仕様にする


我が家のパソコン用無停電電源装置(UPSは一番安いAPCのSurgeArrest BE325-JPを使用している。PC2台なので2台ある。

高価なタイプに買い換えようか考えたがバッテリー交換をすることにした。しかしAPCの安い機種のバッテリーは高い割に1年程度しか持たない。1年経過すると異常を知らせるアラームが鳴りだして交換しなければならない。安い機種なのでバッテリーもそれなりだ。
そこで同じ容量のバイク用の密閉型電池を使用し評判が高いジーエス・ユアサ製に変更しようと考えた。

このUPSにユアサバッテリーを繋ぐ

バッテリーを取り出して端子に半田を盛る。ケーブルを付けやすくするためだ。端子の部分にはちゃんと極性が書いてある。

100V用ケーブルを適当に切る。バッテリ側はU型圧着端子を付ける。UPS側は半田を盛る

半田でつける。写真では既にバッテリーを接続してるが半田で接続する際にはバッテリーを外して作業する。

バッテリーを接続。極性に注意。カバーに100均で買ってきたCD収納ボックスに入れる

完成。
メーカーの保障外の使い方なので自己責任になってしまう前提だ
しかし当たり外れはあるが3年は持つバッテリーだ
くれぐれも自己責任でお願いします


ルーターを交換した後のBBIQ光ギガコース経過報告


前回の記事でBBIQ光ギガコースの速度低下に悩んでルーターを交換した記事を書いたがその後Twitterでギガコース自体が遅いとの指摘がありその後も定期的に速度計測して経過観察した。

前回の記事後、再び速度低下に2度ほど見舞われた。
やはり30Mbps程度に低下して100Mbps以上上がらない
そこでONU(光回線終端装置)の再起動やPPPoEの再接続などを行うと速度は回復した。その後は下記の速度で安定してる。

平日の朝の8時ごろ測定した。上りも下りも400Mbps超えだ。

http://netspeed5beta.studio-radish.com/index.html
ここのサイトの測定でも上々だ。

日付を変えてやはり朝8時に測定しても上りも下りも400Mbps近い

studio-radish.comでの測定も上々。
結論からいうとBBIQの光ギガコースに関しては今の段階では満足いく速度が出てる。回線の切断などもない。
もちろん地域差や利用するプロバイダーや計測時間などによって様々な状況が想定される。この結果がどこでも得られるとは限らないだろう。
もちろん私のように自分の環境(ルーターなど)が悪い場合もある。
しかし、ONU(光回線終端装置)の再起動を繰り返す事で状況が好転するかもしれないのでお試しください。

話は変わるがBBIQの計測サイトに上記のリンクが貼られて計測精度が変わったようだ。以前は時間によって極端に計測結果が低くなっていた。恐らく計測する人が集中してたのだろう。しかし、最近は安定したようだ。studio-radish.comと同じ仕組みを使ってるようだ。
また計測結果に変動があったら報告したい。