BD-Rに中国製のHI-DISCの怪しいメディアを使う


前回の記事でBD-Rを購入した記事を書いたがその後、必死にHDDのデーターをBD-Rにコピーした。保存用は以前に紹介した三菱ケミカルメディアを使用した。しかし長期保存するか不明などうでもいい見て捨てる動画も沢山あるのでついに中国製BD-Rに手を出すことにした。

左が三菱ケミカルメディアのBD-Rだ

右が中国製のHI-DISC BD-Rだ


佐世保のスーパーマーケットのトライアルで買った。1690円だ
秋葉原でDVD-Rを激安で大量に売ってた株式会社磁気研究所というメーカーだ。50枚入りなので一枚33.8円の激安だ
試しに使ってみたが普通に書き込めるしベリーファイ(再読み込みして書き込み内容が正しいかチェック)もちゃんと正常終了する。
ネットで検索しても2,3年は問題なさそうだ。
しかし中国製は5-10年後が読み込めるか怪しいらしい。
しかし見て捨てる用なので覚悟の上だ
現在の所250枚ぐらい焼いてるが2枚程度ベリーファイが失敗して捨てたがまあ思った以上に使えてる。
中国メディアは他にもあって次はTouchというメーカーを試したい