BBIQ光ギガコースの速度低下の原因はルータだった


以前の記事でBBIQ光ギガコースが遅いとの記事を書いたがその後調べていくと回線は問題なくルータが原因だった事が分かったので記事にしたい。

問題のルーターがこちら

BUFFALO Giga対応 有線LANルーター BHR-4GRV2
Amazonで購入した
2月に購入したので返品期限の一カ月はとうの昔過ぎ去ってしまった。
連続使用で一カ月ぐらいして突然インターネットへ繋がらなくなって挙動が怪しくなった。ルーターを再起動すると動作はするが反応がいまいち。計測しても有線が100Mbps並みしか出ない。

そこで近所のパソコン工房で在庫処分セールされてた

BUFFALO 11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)WSR-1166DHP2/N
同じBUFFALOを購入するか悩んだがこちらを購入して交換した。
BUFFALOのルーターの設定画面は端末によって「接続がリセットされました。」と出て設定できないケースがある。しょうがないので他のパソコンで設定したが BHR-4GRV2やWSR-1166DHP2/Nでも同じ現象は現れた。原因は不明だ。

前回もここで計測したがBBIQの公式サイトの速度測定結果だ
朝8時頃だが速度が段違いに出る。

speedtest.netでも150Mbps出てる

2ちゃんねるのBBIQスレで評判が高い計測サイトでも計測した。
http://netspeed5beta.studio-radish.com/index.html
上りも下りも400Mbps以上出てまさに光ギガコース
結局BHR-4GRV2がボトルネックになって有線が100Mbps並みになり速度低下を招いていたようだ。
ひょっとしてLANケーブルも疑われるのでまたしばらく様子を見て問題が発生したら報告したい


バックアップメディアとしてBD-Rで戦える価格帯になっていた


昔ブルーレイの書き込みディスク(以下BD-Rと記載)は一枚1000円ぐらいしてて圧倒的にHDDが安かった。
しかし、当時2TBのHDDを大量に買ってたが最近エラーが出だした。
ここでさらにHDDを買い足すか悩んだが一層台湾製BD-Rが一枚50円前後程度まで下がってることを知った。ちょっと前はもっと安かったらしいが国内メーカーの撤退が相次ぎ高くなったらしい。
それでも実質22GB使えて50円程度なら1Gあたり2.3円だ。
価格コムを見る限り今どきの3TBが¥8,428ぐらいで1Gあたり¥2.81となかなかいい勝負だ。
実際はBD-Rにケース買ったり22GBギリギリまで使えないし(ディスクの外周は保存に弱い)単純に比較はできないがバックアップメディアとして使えそうなのでAmazonで購入した

どちらもAmazonで人気一番だ。
ドライブは実質パイオニアしか選択肢ないようだ


バルクなのでプチプチ梱包だった

普通の内臓式ドライブだ。
注意点としてSATAケーブルや取り付けネジが付属してない
書き込みはフリーソフトのImgBurnを使用する
装着して使用したが騒音もそんなに気にならない
20GBぐらいを10分で書き込む
しかしベリファイと言ってBD-Rが正常に書き込まれてるかチェックするのにさらに10分かかる。
一枚書き込むのに20分かかる
DVD時代から知っていたが微妙にめんどくさい作業だ
今後次々HDDがエラー出だすので必死に移行作業を進める
ほとんどTVの動画なので見返すか疑問なファイルも沢山あるが・・・


ジェントス懐中電灯(DM-031B)を買った



今まで使ってたLED懐中電灯が接触不良でいまいちなのでAmazonで新しい懐中電灯を買った。ジェントス 懐中電灯45ルーメン(DM-031B)ってやつだ。単三一本のを探してた。

ストラップはダイソーの奴です。ストラップの付属はありません

横から。後で記載しますがストラップはペンクリップに引っ掛けてます

穴の電源ボタン。押しやすい

頭のライト部分。照射範囲はかなり広めで近い位置を照らす感じ。
ズーム機能など可動部分はありません

単三一本で10時間ぐらい。一日1時間使用で一週間ぐらいで暗くなる。

ペンクリップは取り外し可能。根元にストラップを引っかきてストラップを使ってライトを首から下げてる

夜室内で使用感を撮影しようとしたが撮影がうまくいかなかった。
汚い襖に照射してみてる。
パワフルな照射感ではないが100均の単4×3つのLEDライトより明るい。ズーム機能があればかなりいいのだが残念ながら無い。
しかし、このジェントスのライトは軽く小さい。口でくわえて作業しても苦にならない。他社のLED単4×3つライトより暗いが小さく軽いため常用するのにいい。ポケットに入れても邪魔にならない。
900円でこのサイズ感はお買い得だ


AmazonのKindle Unlimited 読み放題を試す


先週から始まったAmazonのKindle Unlimited 読み放題を試したので早速記事にしました。
月額980円で、洋書も合わせると120万冊以上が読み放題の対象。
利用開始から1ヵ月は無料試用期間

amazonのKindle Unlimitedのページから申し込み
以前からamazonを利用してたのでワンクリックで申し込み完了

https://www.amazon.co.jp/b/ref=s9_al_bw_brwse?node=3197885051
このページから本を選び

読み放題で読むをクリック

PCならブラウザーでも読めるが専用の電子書籍リーダーアプリを起動して読む。AndroidやiPhoneやipodでもアプリを入れれば同時に読むことが可能

Kindle Unlimitedでは一度に選択できる本は10冊まで。
10冊に達すると上記の表示になり削除しなければ追加できない

「Kindle Unlimited マイブック」を表示で本の一覧が表示される

赤丸のこの本の利用を終了をクリックして削除する

一覧を見てる感じでは専門書やノンフィクションが充実してる感触だ
車やバイクの雑誌が多い。漫画やアダルトも読み放題に入ってる
Kindle Unlimitedのラインナップもかなり入れ替わってるらしく昨日まで読めてた本がラインナップから外れる例もかなりあるらしい。
しかし、小説などの人気作家の本は少ない
図書館に無い専門書などが中心になるのだろうか