仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSを追加する


radiko.jpのタイムフリーを仮想オーディオデバイスで録音する(Win10対応)


前回の記事で仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSをインストールしたが更に仮想オーディオデバイスを増やす手順を記事にしたい


WIN10の場合設定→デバイス→デバイスマネージャーを開きコンピュータ名を右クリックしレガシハードウェアの追加をクリックする

次へをクリック

一覧から選択したハードウェアをインストールするをクリックし次へをクリック

次へをクリック

詳細をクリック

ドライバはAimersoft DRM Converterに同梱されてるのでAimersoft DRM Converterをインストールした時に指定したフォルダーに入ってる。Win10の場合はC:\Program Files (x86)\Aimersoft\DRM Media Converter\Driverに入っている

Driverフォルダーには32bit版と64bit版が入ってる。32bitはx86。64bitはamd64を指定する。それぞれのフォルダを指定して前のファイルの場所の画面でVirtualAudio_1.inf(5まで)などをのファイルをクリックして開くをクリック

WsAudioDeviceS(1)(5まで)などを選択して次へをクリック

次へをクリック

完了をクリック

Win10の場合、設定→個人用設定→テーマ→サウンドの詳細設定→再生
をクリックするとサウンドの設定画面が出てWsAudioDeviceSが追加される

それぞれのデバイスを指定して再生し指定して録音すると5局まで同時録音できる。次回の記事ではデバイスを指定して再生することを記事にしたい。

記事を追加しました

radiko.jpをデバイスを指定して再生する

関連記事

radiko.jpのタイムフリーの録音ソフトを検証する


radiko.jpのタイムフリーの録音ソフトを検証する


前回の記事で仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSをインストールしループバックで録音しモニターする環境を構築した。

radiko.jpのタイムフリーを仮想オーディオデバイスで録音する(Win10対応)

今回フリーの録音ソフトを検証していきたい
まずは手軽に使えるぽけっとれこーだーを紹介したい

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se096521.html
コントロールパネルのサウンドの録音にしてしてあるデバイスをwav形式で録音する。録音後mp3などに変換しなければならないが画面の赤丸●の録音ボタン押すだけで録音できる、停止は■の停止を押す。タイマー機能もあるので安心だ。

次にHDRecorder

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se247901.html
こちらのソフトは古いのでデバイス指定時にエラーが出てたが無視してそのまま使えた。こちらも録音するだけの単純機能だ。wav形式で録音する。

次にロック音MT

http://hp.vector.co.jp/authors/VA014492/
多彩な設定が出来ラジオ録音では老舗で定番アプリだ
録音後MP3などに変換などできる。
しかし多機能ゆえ操作や設定が難解である

次にS Rec

http://www.rukihena.com/soft/srec.html
こちらはゆうせんやスカパーのSTAR digioなどの音楽ラジオを録音するためのソフトだ。無音状態でファイルを分割録音してくれる。タイマー機能もある。音楽番組や日経第二など音楽を録音するのに向いてる

次にAMFMラジオ録音さん

http://koukaijo.seesaa.net/category/5895615-1.html
ラジオ録音に特化したソフトだ。もともとラジオデバイスを直接操作するソフトだがデバイス指定して録音するので仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSで再生してれば番組毎に録音できる

仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSは5個まで追加できるので5局まで対応できる。5局まで増やすには次回の記事で紹介したい。

仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSを追加する

さらにデバイスを指定してradiko.jpを再生しなきゃいけないのでそれも近々記事にしたい。
記事を追加しました

radiko.jpをデバイスを指定して再生する

最後に超録 – パソコン長時間録音機

https://pino.to/choroku/
フリー版は連続録音時間を90分に制限されてる。制限がない方はシェアウェア:3,348円だ。多機能で使いやすそうだがシェアウェアなのが残念だ

2017年1月26日
radiko.jpのタイムフリーをダウンロードする記事を新たに書きました

radiko.jpのタイムフリーをダウンロードする


radiko.jpのタイムフリーを仮想オーディオデバイスで録音する(Win10対応)


radiko.jpを録音するにはいろんな手段がある。
前回記事にした

radiko.jpのタイムフリーを録音する

この記事の様にアプリで録音する手もある
しかしタイマー機能など無いので物足りない点がある

そこで仮想オーディオデバイスで録音する方法を検討する
パソコンに仮想オーディオデバイスをインストールし
その仮想オーディオデバイスで再生させることでループバックさせ
パソコン上で好きな録音ソフトにて録音させる

ここで使用する仮想オーディオデバイスは
Aimersoft DRM Converterに同梱さててる
WsAudioDeviceSだ。Win7以上の64bitOSの署名問題にも対応してる
http://www.aimersoft.com/wma-media-converter.html

Aimersoft DRM Converterは$35.95の有料ソフトだ
しかしフリートライアル版でインストール可能だ
インストール後仮想オーディオデバイスは制限なく使用可能だ

http://www.aimersoft.com/wma-media-converter.html
こちらのサイトから画像の通りDownloadをクリックしてソフトをダウンロードする

ダウンロードしたソフトを実行しNextをクリック

赤丸をクリックしてNextをクリック

インストール先の指定をしてNextをクリック
Win10の場合
C:\Program Files (x86)\Aimersoft\DRM Media Converter
にインストールされる

Nextをクリック

Installをクリック
インストール後アプリケーションAimersoft DRM Converterが起動するが使う事はないのでそのまま終了させる

インストール完了すると仮想オーディオデバイスもインストールされ既定のデバイスに指定され音が聞こえなくなる。
Win10の場合、設定→個人用設定→テーマ→サウンドの詳細設定→再生
をクリックするとサウンドの設定画面が出る。
そこの仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceS内部で再生されてるので聞こえなくなる。既定のデバイスを元のデバイスに指定すれば元通りに再生されるが録音ができない。
そこでループバックされてる音声をモニターするソフトを使用する
猿ちぃ04
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se486281.html

ダウンロードし解凍すると実行ファイルが猿ちぃ04だ
画像の通りInにWsAudioDeviceSを指定
画像の通りOutに再生するデバイス
その後Startをクリックすると音声がモニターされ聞こえる

これで再生しながら録音もできる環境が整った
次回記事では録音ソフトを検証して行きたい

radiko.jpのタイムフリーの録音ソフトを検証する