仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSを追加する


radiko.jpのタイムフリーを仮想オーディオデバイスで録音する(Win10対応)


前回の記事で仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSをインストールしたが更に仮想オーディオデバイスを増やす手順を記事にしたい


WIN10の場合設定→デバイス→デバイスマネージャーを開きコンピュータ名を右クリックしレガシハードウェアの追加をクリックする

次へをクリック

一覧から選択したハードウェアをインストールするをクリックし次へをクリック

次へをクリック

詳細をクリック

ドライバはAimersoft DRM Converterに同梱されてるのでAimersoft DRM Converterをインストールした時に指定したフォルダーに入ってる。Win10の場合はC:\Program Files (x86)\Aimersoft\DRM Media Converter\Driverに入っている

Driverフォルダーには32bit版と64bit版が入ってる。32bitはx86。64bitはamd64を指定する。それぞれのフォルダを指定して前のファイルの場所の画面でVirtualAudio_1.inf(5まで)などをのファイルをクリックして開くをクリック

WsAudioDeviceS(1)(5まで)などを選択して次へをクリック

次へをクリック

完了をクリック

Win10の場合、設定→個人用設定→テーマ→サウンドの詳細設定→再生
をクリックするとサウンドの設定画面が出てWsAudioDeviceSが追加される

それぞれのデバイスを指定して再生し指定して録音すると5局まで同時録音できる。次回の記事ではデバイスを指定して再生することを記事にしたい。

記事を追加しました

radiko.jpをデバイスを指定して再生する

関連記事

radiko.jpのタイムフリーの録音ソフトを検証する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です