ASUS Zenfone 2 ZE551MLのバッテリを交換した

約2年前、ASUS Zenfone 2 の内蔵メモリ2G版ZE551MLを購入した。問題なく2年間使用してたが先週日曜日画面に亀裂が入ってた。

私のZenfone 2はガラスフィルムを貼ってたので念のため剥がすと問題なかった。良かったのだがそもそも落とした記憶もないし寝る前に触ってた時は割れてない。寝てるうちに割れたらしい。2ちゃんねるのZenfone 2スレでもバッテリーの異常な膨らみが話題になってた。裏を見るとSIMやSDメモリーカードなどが固くて動かない。これはバッテリーが膨らみ始めたと確信して大急ぎでバッテリーを探した。海外のebay.comで探すとすぐ見つかった。8ドルだ。

中国から発送で10.6ドル。すぐに注文する。

すぐ発送のメールが来たがなんと到着が8月月末。そんなに待てない。結局日本のamazonで売ってるバッテリーを買う。

Amazonレビューの評価が悪いが最悪一カ月持てばいいと思い注文。到着当日、Zenfone 2のバッテリーはさらに膨らみ前面の液晶が5mmぐらい両面テープが剥がれ状態で浮いた。大慌てで分解する。分解するとバッテリーが膨らんでパンパンになっていた。

当初分解はネジを回すだけで簡単そうだった。解説サイトもあるしネジ回しだけで簡単に基盤まで来れた。しかしフラットケーブルのコネクタの「白いストッパー」を動かすには経験が無いと壊してしまいそうだった。白いストッパーはコネクタの端っこをつまようじで簡単に上がったが白いストッパーが分からないと関係ない所を破壊してしまいそうな小ささだ。写真の斜めになってる部分が膨らんでいるバッテリーだ。

なんとか簡単に壊れそうなフラットケーブルを全部はがしバッテリーまでたどり着いても今度はバッテリーの両面に付いてる強力な両面テープが待っている。この両面テープを剥がすのが一苦労だ。力に任せって思いっきり剥がすと液晶やタッチパネルが破損する。裏面にもSIMカードやSDメモリーカードの基盤がありこっちも破損するとZenfone 2が文鎮化する通信が出来なくなる。時間をかけて剥がした。その次はバッテリーを交換してバッテリーのフラットケーブルをZenfone 2の基盤につなげる。これが一番のくせ者だった。小さすぎて接続がわからない。繋がった時の触感もない。根気よく刺して仮組して電源を入れて試す。これを繰り返した。電源がなかなか入らなくて壊したのかと諦めかけた時電源が無事入った。Amazonのレビューにある充電不良もない。どうやら成功したらしい。

結論から言うと7000円払ってASUSのサービスセンターに送って交換したほうがいい。経験が無いと簡単に壊してしまうトラップが沢山ある。もちろん自分で分解すると保障も無くなる。

費用と時間をケチって自分で交換したが非常に肝を冷やした作業だった。せめてバックアップしとけばよかった。ギリギリまで使ってたので気づいたときにはバッテリーがパンパンになって操作不能だった。あとebay.comでバッテリーを頼むと間に合わない。国内で頼んだ方が良さそうだ。バッテリの膨らみは一気に進行する。気付いたら電源を切った方がいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)