CANON EOS 20D にflashAirを導入

基本的にこのBlogの画像はCANON EOS 20Dにて撮影してる。
2016031601.jpg
このEOS 20Dは友人に譲ってもらった物だ
本体は譲ってもらったがレンズとフラッシュは自分で購入した
フラッシュのレビューは後日記事にする予定。
今回はこのEOS 20DにflashAirを導入した
このflashAirを使用すると撮影した画像がパソコンやスマホやタブレットで直ぐに転送して
見て確認する事ができる。
2016031602.jpg

amazonの商品は並行輸入品だがアプリなどは東芝のホームページなどから
日本語のアプリがインストールできる
2016031604.jpg
形状はSDカードなのでコンパクトフラッシュに変換するアダプタを使用して変換する
2016031603.jpg

まずはSDカードリーダーなどに装着してパソコンに接続すると自動的にファームウェアを
アップデートされる。
その後パソコンから取り外してflashAirカードとパソコン間は
wifi接続となるのでパソコンでwifi設定する
上記の初期設定が済むと
WebDAVかブラウザー上でflashAirカードの中に保存された画像がパソコンで確認できるようになる
はずだったがEOS 20Dでは認識しなかった。
そこでEOS 20Dのコンパクトフラッシフォーマットを使用してフォーマットした
その後問題なく使用できてる
撮影後すぐにパソコンで画像を確認できて大変便利だ
EOS 20Dは液晶が小さいのでピントが合ってるのか確認できなかったが
今後は広い画面で確認できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)