radiko.jpのタイムフリーをダウンロードする

–2020年11月27日追記–
※現在radiko.jpの仕様変更で下記の記事は実行できません。

前回、radiko.jpのタイムフリーを録音する方法を紹介した。その後いろいろ調べたらダウンロードが分かったので紹介する。

firefox
https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

ffmpeg.exe
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020429/ffmpeg/ffmpeg.html
https://ffmpeg.org/

使用するのはfirefoxとffmpeg.exeだ。

firefoxでradiko.jpを開きタイムフリーをクリックする

ダウンロードしたい番組をクリックする

番組の再生画面が出たらF12を押してデバック環境を開き “ネットワークウィンドウ”を開く。その後再生するボタンを押す。音がうるさかったら一時停止してかまいません。

再生するとm3u8 のURLが2つ追加されます。追加された m3u8 のうち1行目の長い方(メソッド:POST)のURLを右クリックしてURLをコピーします。
※1後で必要になるm3u8のURLの部分です
例:https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8?station_id=RN2&l=15&ft=20170125140000&to=20170125142000

その後、m3u8のURLを右クリックして”編集して再送信(E)” を選択する

選択すると右ウインドをスクロールしてX-Radiko-AuthTokenの文字列を探してその部分をコピーする
※2後で必要になるX-Radiko-AuthTokenの文字列の部分です
例:X-Radiko-AuthToken: WVd0pdgXMUo1wcbvtUq14Q

文字列がそろったらffmpeg.exeをインストールしたフォルダに移動してそのフォルダに下記のバッチファイルを作成する
ここの例ではD:\Program Files\ffmpegにインストールしてます

get.bat

D:
cd \Program Files\ffmpeg

REM ffmpeg -headers "X-Radiko-AuthTokenの文字列" -i "m3u8のURL" -acodec copy "ファイル名.ts"

ffmpeg -headers "X-Radiko-AuthToken: WVd0pdgXMUo1wcbvtUq14Q" -i "https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8?station_id=RN2&l=15&ft=20170125140000&to=20170125142000" -acodec copy "ファイル名.ts"

pause

ここで※2のX-Radiko-AuthTokenの文字列と※1のm3u8のURLをffmpeg -headersの後に付け足して好きなファイル名に変更してください。そして保存しバッチファイルを実行してください。
これで目的の番組がtsファイルで一瞬ダウンロードされます。時々速度が等倍になったり途中で途切れたりするケースもあるようです。ファイル変換したり各種プレーヤーで再生できるのでお試しください。

記事を追加しました。
radiko.jpのタイムフリーをバッチファイルで一括ダウンロードする

radiko.jpのタイムフリーをバッチファイルで一括ダウンロードする

記事を追加しました。
上記の方法は利用できなくなりました
こちらの記事の方法をお試しください

radiko.jpのHLS形式ストリーミングをバッチファイルとWSHで録音する

radiko.jpのタイムフリーをダウンロードする” への16件のフィードバック

  1. 大変便利に使用させていただいおりました。
    ところが、昨日からエラーが表示されて、録音ができなくなりました。
    何度か試行してみましたが、動いてくれないようです。
    とりあえず、ご連絡まで。

    1. WindowsXPのIE8だとradiko.jpが表示できなくなったようです。残念ながらWin7やWin10を使うしか手が無いようです。

      1. 私のpc環境は、dynabook az85でwindows10、ブラウザはfirefoxなのですが。
        むずかしいですね。

        1. firefoxのオプションの詳細→ネットワーク→キャッシュされた Web ページ セクションで、今すぐ消去 をクリックしてキャッシュを削除してradikoやタイムフリーなどが再生できるか試してください。他にGoogle Chromeも同様にX-Radiko-AuthTokenが取得できるのでお試しください。

          1. 早速のご回答ありがとうござます。
            radiko、タイムフリーは再生できます。
            このページでご案内されたファイルのダウンロードでエラーが発生するようになりました。
            バッチプログラムを動かした際のエラーメッセージは以下のとおりでした。

            [https @ 00000000025a36c0] No trailing CRLF found in HTTP header.
            [tls @ 00000000006a8b20] Failed to read handshake response
            https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8?station_id=ALPHA-STATION&l=15&ft=20170830070000&to=20170830100000&seek=20170830070020: Unknown error

            一昨日までは問題なく走っておりました。

          2. ffmpeg.exeはWin10のIE11の設定を引き継ぐ為IE11でradiko、タイムフリーが再生できる事が重要です。IE11のキャッシュ(インターネットオプション→「全般」タブ→閲覧の履歴の「削除」ボタン)を削除してクッキーなどを削除してIE11で再生できるか確認してください。

  2. 今週から配信方法が変わっていないでしょうか?
    m3u8ではなく5秒ごとのAACが順次送られてきているようです。

    1. 今でもm3u8のURL”https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8?station_id=RN2&l=15&ft=20170125140000&to=20170125142000”形式でダウンロードはできるみたいです。数字の文字列は時間なので変更してダウンロードしてみてください。POST形式の文字列は無くなったようなので後日解析します

          1. 早速のアドバイスをありがとうございます。
            しかし残念ながら上手くいきません。
            ffmpegのエラーログによるとX-Radiko-AuthTokenを正しく取得できていないようです。
            何か私が間違えているのか・・・
            RadikoPadもX-Radiko-AuthTokenを取得できなくなっているみたいです。

          2. さきほどこちらの記事の方法を使用したところX-Radiko-AuthTokenも取得出来てradikoのダウンロードできました。
            raziko側で何か変更してる可能性がありますが現在は使えてるみたいです
            http://blog.hanpen.net/radiko-jp%e3%81%aehls%e5%bd%a2%e5%bc%8f%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%92%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a8wsh%e3%81%a7/

          3. 少しずつ解ってきました。
            ダウンロードできる局とできない局があります。エリア判定絡みのようです。おさわがせしてすみません。

  3. いつも参考にさせて貰ってます。
    現状、HSL形式で実行できるのはリアルタイムで録音する方法だけだと認識していますが、タイムフリーをダウンロードする方法は見つかってはないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)