radiko.jpのタイムフリー対応によるRadikaβVer1.71の修正方法

radiko.jpの録音ツールとして以前からRadikaβVer1.71を使用していた。
開発が終了した現在でも有志がAYTHKeyGet-Alternativeなど作成して延命してきた。しかし今回のradiko.jpのタイムフリー対応による修正で再び録音ができなくなった。
今回その対応をまとめたので記事にしたい。

修正する為に必要なファイルは2個だ
AYTHKeyGet-Alternativeのソースとビルドする為の無料のVisual Studio 2015だ
まずAYTHKeyGet-Alternativeのソースを入手する

https://github.com/dsuz
作者のページのAYTHKeyGet-Alternativeをクリックする

downloadをクリック

download ZIPをクリック。

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/visual-studio-2015.aspx
次に無料のVisual Studio 2015をダウンロードする

Free downloadをクリックしてダウンロードする
ダウンロード後インストールを行う
無料のVisual Studio 2015は英語版だ
しかしLanguage Pack というのを入れれば日本語が使える

Visual Studio 2015 Language Pack
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=48157
こちらをダウンロードして実行する。その後、Visual Studio 2015実行して

メニューバーのTool → Options をクリック

Options のInternational Settingsをクリックして日本語に変更。その後OK
これでVisual Studio 2015を再起動すれば日本語化終了

次に最初の方に落としたAYTHKeyGet-Alternative-master.zipを解凍して
中に入ってるAYTHKeyGet.slnをクリック。Visual Studio 2015が起動

ソリューションエクスプローラーの中にあるswfextract.exeを削除
又はもともと持ってるswfextract.exeをAYTHKeyGetフォルダに置いてもいい

ソリューションエクスプローラーのprogramをダブルクリックしてソースを表示
下記の通りに修正
16行
const string playerURL = “http://radiko.jp/player/swf/player_4.0.0.00.swf”;
↓に変更
http://radiko.jp/apps/js/flash/myplayer-release.swf

73行
string parameterString = “-b 14 ” + swfFile + ” -o ” + pngFile;
↓に変更
“-b 12 ”

94,95行
req.Headers.Add(“X-Radiko-App: pc_1”);
req.Headers.Add(“X-Radiko-App-Version: 2.0.1”);
↓に変更
“X-Radiko-App: pc_ts”
“X-Radiko-App-Version: 4.0.0”

194,195行
req.Headers.Add(“X-Radiko-App: pc_1”);
req.Headers.Add(“X-Radiko-App-Version: 2.0.1”);
↓に変更
“X-Radiko-App: pc_ts”
“X-Radiko-App-Version: 4.0.0”

修正後保存する

その後、ツールバーのDebugReleaseに変更

メニューバーのビルドをクリックしてソリューションのビルドをクリック
ビルドに成功するとAYTHKeyGet\bin\ReleaseにAYTHKeyGet.exeが作成されます。
あとは使用OSによる適切な.net frameworkをインストールしてください
WIN7以降からは自動的にframework 3.5が有効になってるのでそのままで大丈夫だと思われます。

後は作成されたAYTHKeyGet.exeをRadikaβVer1.71のフォルダにコピーして動作すれば作業完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)