radiko.jpのHLS形式ストリーミングをバッチファイルとWSHで録音する

らじる★らじるに合わせたようにradiko.jpのライブ放送もHLS形式ストリーミングに変更したようだ。早速バッチファイルを修正した。
要点を先に言うと他のHLS形式ストリーミングと同じようにffmpeg.exeを使用する。ffplay.exeでTBSを再生させると

ffplay.exe -headers "X-Radiko-AuthToken: ここにトークン" -i "http://c-radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_definst_/simul-stream.stream/playlist.m3u8"

となる。以前のバッチファイルのrtmpdump部分を書きなおす。
以前からRadikoRec.batを使用してる人はRadikoRec.batとAYTHKeyGet.vbsを上書き変更すればいいです。
-追記-
放送局によってm3u8ファイルのURLが2種類あるようだ。
http://c-radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_definst_/simul-stream.stream/playlist.m3u8″の最初のサーバーの部分が
f-radiko.smartstream.ne.jpとc-radiko.smartstream.ne.jpの2種類だ。バッチファイルは対応しました。

radiko.jpの視聴ページに移動し画面を広げてF12を押してネットワークモニターを見る。
再生するとリストがずらずら出てくるが目的はm3u8ファイルだけなので検索バーにm3u8を入れると目的のURLが出てくるので右クリックしてURLをコピーする。

http://f-radiko.smartstream.ne.jp/RN1/_definst_/simul-stream.stream/playlist.m3u8”
ラジオnikkei第1の場合このようなURLがコピーされる。

作成はWindows 10環境で作成しています。動作確認はWindows 7です。

利用にあたって
wget.exe
https://eternallybored.org/misc/wget/

ffmpeg.exe
http://hp.vector.co.jp/authors/VA020429/ffmpeg/ffmpeg.html
https://ffmpeg.org/

各種実行ファイルを集めて一つのフォルダに置いてください

D:\RadikoRec\にて実行する設定になっています
途中で回線が切断されても時間計算して再録音し最後にmp3に変換するようになっています。
-起動例-
radiko.bat TBS 1:00:00 菊地成孔の粋な夜電波
radiko.bat TBS 録音時間1時間 録音番組名(ファイル名に含まれます)

-追記-
放送局によってm3u8ファイルのURLが変わる仕組みに対応して変更しました。まだバグがあるかもしれませんが発見次第追って変更します。

RadikoRec.bat

@echo off

REM rtmpdumpなどの位置のドライブ
set drive=D:

REM rtmpdumpなどの位置(最後に\を)
set DFDirectory=D:\RadikoRec\

REM 録音ファイルの保存のドライブ
set argdrive=D:

REM 録音ファイルの保存先(最後に\を)
set argDirectory=D:\RadikoRec\rec\

set AYTHKeyGet=AYTHKeyGet.vbs
set argOut = "out"

%drive%
cd %DFDirectory%

rem 録音ファイルの保存先フォルダチェックと作成
IF NOT EXIST "%argDirectory%" (md %argDirectory%)
IF NOT EXIST "%argDirectory%OLD" (md %argDirectory%OLD)

set ch=%1
if "%1"=="" goto usage
if not "%2"=="" set argSTOPSEC=%2
if "%2"=="" goto usage
if not "%3"=="" set argOut=%3

rem サーバーurlの取得
DEL %ch%.xml
wget.exe "http://radiko.jp/v2/station/stream_smh_multi/%ch%.xml"

find "<playlist_create_url>" %ch%.xml >%ch%.txt
SET /P playlist_create_url=<%ch%.txt
for /f "usebackq skip=2 tokens=*" %%a in (%ch%.txt) do @set a=%%a&goto :exit_for
:exit_for
set playlist_create_url=%a:~28,26%
echo %playlist_create_url%

DEL %ch%.xml
DEL %ch%.txt

set radiko_url=http://%playlist_create_url%/%ch%/_definst_/simul-stream.stream/playlist.m3u8

rem 録音終了日時を求める
for /f "tokens=1,2" %%i in ('CScript Time.vbs /r:%argSTOPSEC%') do (
  SET AUTHTOKEN_D=%%i
  SET AUTHTOKEN_T=%%j
)

set loopck=0

:loop

for /f %%i in ('CScript %AYTHKeyGet% %ch%') do SET AUTHTOKEN=%%i

rem 録音時間を秒に変換
for /f %%i in ('CScript Time.vbs /d:%AUTHTOKEN_D% /t:%AUTHTOKEN_T%') do SET AUTHTOKEN_END=%%i
  set STOPSEC=-t %AUTHTOKEN_END%
if "%loopck%" == "0" set FLV_loop=
if "%loopck%" geq "1" set FLV_loop=(%loopck%)
  set yyyymmdd=%date: =0%
  set hhmmss=%time: =0%
  set YMD=%yyyymmdd:~0,4%%yyyymmdd:~5,2%%yyyymmdd:~8,2%_%hhmmss:~0,2%%hhmmss:~3,2%%hhmmss:~6,2%
  set FLV=%YMD%_%ch%_%argOut%
  set RADI_PASS=

REM set RADI=%RTMPDUMP% -q -flashVer "WIN 15,0,0,152" -v -r "%RTMPSERVER%" --playpath "simul-stream.stream" --app "%ch%/_definst_" -C S:"" -C S:"" -C S:"" -C S:%AUTHTOKEN% --live --timeout 10 --flv "%argDirectory%%FLV%%FLV_loop%.flv" %STOPSEC%

set RADI=%DFDirectory%ffmpeg.exe -headers "X-Radiko-AuthToken: %AUTHTOKEN%" -i ""%radiko_url%"" %STOPSEC% -acodec copy "%argDirectory%%FLV%%FLV_loop%.ts"

echo 録音開始%date%_%time%_"%~3" >> log.txt
echo 「%ch%」の「%argOut%」を録音開始、録音時間は「%argSTOPSEC%」
echo %RADI%
%RADI%
echo 録音停止%date%_%time%_"%~3" >> log.txt

for /f %%i in ('CScript Time.vbs /d:%AUTHTOKEN_D% /t:%AUTHTOKEN_T%') do SET AUTHTOKEN_EXIT=%%i
if "%AUTHTOKEN_EXIT%" == "EXIT" goto loopEXIT
if "%loopck%" geq "20" goto loopEXIT
set /a loopck=loopck+1

REM Sleep[15秒数]
set /a wtime=15*1000
echo WScript.Sleep %wtime% > tmp.vbs
cscript //NoLogo tmp.vbs
del tmp.vbs
set wtime=
REM ***

goto loop

:loopEXIT

%argdrive%
cd %argDirectory%
for %%F in (*.ts) do goto FILE_EXIST
echo エラーファイルが無い%date%_%time%_%argOut% >> %DFDirectory%log.txt
goto end

:FILE_EXIST
echo MP3変換開始%date%_%time%_"%argOut%" >> %DFDirectory%log.txt
REN *"%argOut%"*.ts *.m4a
for %%i in (*"%argOut%"*.m4a) do %DFDirectory%ffmpeg.exe  -y -i "./%%~ni.m4a" -vn -acodec libmp3lame -strict unofficial "./%%~ni.mp3"
move *"%argOut%"*.m4a OLD\ >> %DFDirectory%log.txt
echo MP3変換完了%date%_%time%_"%argOut%" >> %DFDirectory%log.txt
goto end

:usage
echo "RadikoRec.bat TBS 1:00:00 菊地成孔の粋な夜電波"
:end

AYTHKeyGet.vbsはradiko.batと同じ場所においてください

-追記-
HLS形式ストリーミング合わせて承認方式も変更したようだ。
大幅に変更したのでまだバグが残ってるかもしれません。
発見次第随時変更します。

AYTHKeyGet.vbs

Option Explicit

Dim argStation,argDebug,argSilent,cookiefile,mail,pass,checkfile,loginfile

'radiko premium
mail = ""
pass = ""

argStation = "TBS"	'引数1(i):radiko.jp内の放送局のid
argDebug = "no"		'"yes"なら、動作の途中経過を逐次表示する
argSilent = "yes"	'"yes"なら、外部コマンドであるwgetの実行プロンプトを表示しない

Dim i
Dim strCmd
Dim objFSO
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Dim aUnnamed
Set aUnnamed = WScript.Arguments.Unnamed
If aUnnamed.Count > 0 Then
  For i = 0 To aUnnamed.Count - 1
    Select Case i
      Case 0
        argStation = aUnnamed.Item(i)
    End Select
  Next
End If


'シェル起動オブジェクトを生成
Dim WSHShell,gShellStyle
Set WSHShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
If argSilent = "yes" Then
  gShellStyle = 7
Else
  gShellStyle = 10
End IF

'ファイルシステム用オブジェクトを生成(ラジコ独自認証でファイルを利用)
Dim WSHFS
Set WSHFS = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

  strCmd = GetRadikoCmd()

WScript.Quit(0)

'Radiko.jpの独自認証を行う
Function GetRadikoCmd()

  Dim pSwfPlayer,pKeyFile,RtnCD,auth1_fms,auth2_fms

  Dim pTmpName
  pTmpName = WSHFS.GetTempName()
  pSwfPlayer = "player_" & argStation & pTmpName & ".swf"
  pKeyFile = "authkey_" & argStation & pTmpName & ".png"
  auth1_fms = "auth1_fms_" & argStation & pTmpName
  auth2_fms = "auth2_fms_" & argStation & pTmpName
  loginfile = "login_" & argStation & pTmpName & ".txt"
  cookiefile = "cookie_" & argStation & pTmpName & ".txt"
  checkfile = "pre_check_" & argStation & pTmpName & ".txt"

  'radiko premium
  if not (mail = "") then
    RtnCD = WSHShell.run("wget.exe -q --save-cookie=" & cookiefile _
        & " --keep-session-cookies" _
        & " --post-data=""mail=" & mail & "&pass=" & pass & """" _
        & " -O " & loginfile _
        & " https://radiko.jp/ap/member/login/login",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
      GetRadikoCmd = "error 認証ステップ0:radiko premiumの取得失敗!"
      premiumLogoutCmd()
      Exit Function
    Else
      If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ0"
    End If

    WScript.Sleep 2000
    if not objFso.FileExists(cookiefile) then
      WScript.Echo "failed login1"
      premiumLogoutCmd()
      Exit Function
    End IF
  End IF


  '認証ステップ1:Radikoのauth1をダウンロード
  RtnCD = WSHShell.run("wget.exe -q --timeout=60 --tries=10" _
      & " --header ""X-Radiko-App: pc_html5""" _
      & " --header ""X-Radiko-App-Version: 0.0.1""" _
      & " --header ""X-Radiko-Device: pc""" _
      & " --header ""X-Radiko-User: dummy_user""" _
      & " --no-check-certificate " _
      & " --load-cookies " & cookiefile _
      & " --save-headers " _
      & " -O " & checkfile _
      & " https://radiko.jp/v2/api/auth1",gShellStyle,True)

  If RtnCD <> 0 Then
    GetRadikoCmd = "error 認証ステップ1:auth1の取得失敗!"
    premiumLogoutCmd()
    Exit Function
  Else
    If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ1"
  End If


  '認証ステップ2:RadikoのplayerCommon.jsをダウンロード
  RtnCD = WSHShell.run("wget.exe -q --timeout=60 --tries=10" _
    & " -O """ & auth1_fms & """" _
    & " http://radiko.jp/apps/js/playerCommon.js",gShellStyle,True)
  If RtnCD <> 0 Then
    GetRadikoCmd = "error 認証ステップ2:playerCommon.jsの取得失敗!"
    premiumLogoutCmd()
    Exit Function
  Else
    If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ2"
  End If

  '認証ステップ3:checkfileから、・X-Radiko-AuthToken・X-Radiko-KeyLength・X-Radiko-KeyOffset を読み取る
  Dim pFile
  Dim pLine
  Dim pAuthtoken,pLength,pOffset
  Set pFile = WSHFS.OpenTextFile(checkfile,1)
  Do While pFile.AtEndOfStream = False
    pLine = pFile.ReadLine
    If InStr(LCase(pLine),"x-radiko-authtoken:") <> 0 Then
      pAuthtoken = mid(pLine,InStr(pLine,":")+2,len(pLine)-InStr(pLine,":"))
    ElseIf InStr(LCase(pLine),"x-radiko-keylength:") <> 0 Then
      pLength = mid(pLine,InStr(pLine,":")+2,len(pLine)-InStr(pLine,":"))
    ElseIf InStr(LCase(pLine),"x-radiko-keyoffset:") <> 0 Then
      pOffset = mid(pLine,InStr(pLine,":")+2,len(pLine)-InStr(pLine,":"))
    End If
  Loop
  pFile.Close

  '認証ステップ4:playerCommon.jsから文字列取得
  Dim radikojsplayer
  Set pFile = WSHFS.OpenTextFile(auth1_fms,1)
  Do While pFile.AtEndOfStream = False
    pLine = pFile.ReadLine
    If InStr(LCase(pLine),"new radikojsplayer") <> 0 Then
      radikojsplayer = mid(pLine,65,40)
    End If
  Loop
  pFile.Close

  Dim fso
  Set fso = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  Dim outputFile
  Set outputFile = fso.OpenTextFile(pKeyFile, 2, True)
  outputFile.WriteLine radikojsplayer
  outputFile.Close

  '認証ステップ5:playerCommon.jsの内容から、base64の値であるpartialkeyを求める
  Dim pXmldom,pB64,pStream,partialkey

  Set pXmldom = CreateObject("Microsoft.XMLDOM")
  Set pB64 = pXmldom.CreateElement("work")
  pB64.DataType = "bin.base64"

  Set pStream = CreateObject("ADODB.Stream")
  pStream.Type = 1
  pStream.Open
  pStream.LoadFromFile pKeyFile
  pStream.position = pOffset
  pB64.NodeTypedValue = pStream.Read(pLength)

  partialkey = pB64.Text
  pStream.Close
  Set pStream = Nothing

  '認証ステップ6:上記で求めたキーからauthtokenとpartialkeyをradikoに送り認証を成立させる

  RtnCD = WSHShell.run("wget.exe -q --timeout=60 --tries=10" _
        & " --header ""X-Radiko-Device: pc""" _
        & " --header ""X-Radiko-User: dummy_user"""_
        & " --header=""X-Radiko-Authtoken: " & pAuthtoken & """" _
        & " --header=""X-Radiko-Partialkey: " & partialkey & """" _
        & " --load-cookies " & cookiefile _
        & " https://radiko.jp/v2/api/auth2" _
        & " -O """ & auth2_fms & """" ,gShellStyle,True)
  If RtnCD <> 0 Then
    GetRadikoCmd = "error 認証ステップ6:authtokenとpartialkeyの失敗!"
    premiumLogoutCmd()
    Exit Function
  Else
    If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "認証ステップ6"
  End If

  'テンポラリファイルを消す
  If argDebug <> "yes" Then
    WSHFS.DeleteFile pKeyFile, True
    WSHFS.DeleteFile auth1_fms, True
    WSHFS.DeleteFile auth2_fms, True
    if not (mail = "") then
      WSHFS.DeleteFile loginfile, True
      WSHFS.DeleteFile checkfile, True
      WSHFS.DeleteFile cookiefile, True
    End If
  End If

        WScript.Echo(pAuthtoken)

End Function

Function premiumLogoutCmd()

  Dim RtnCD
  'radiko premium Logout
  if not (mail = "") then
    RtnCD = WSHShell.run("wget -q" _
      & " --header=""pragma: no-cache""" _
      & " --header=""Cache-Control: no-cache""" _
      & " --header=""Expires: Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT""" _
      & " --header=""Accept-Language: ja-jp""" _
      & " --header=""Accept-Encoding: gzip, deflate""" _
      & " --header=""Accept: application/json, text/javascript, */*; q=0.01""" _
      & " --header=""X-Requested-With: XMLHttpRequest""" _
      & " --no-check-certificate "_
      & " --load-cookies cookiefile "_
      & " --save-headers "_
      & " -O logoutfile" _
      & " https://radiko.jp/ap/member/webapi/member/logout",gShellStyle,True)
    If RtnCD <> 0 Then
      GetRadikoCmd = "error radiko premiumのLogout失敗!"
      Exit Function
    Else
      If argDebug = "yes" Then WScript.Echo "radiko premiumのLogout取得成功"
    End If
    if objFso.FileExists(cookiefile) then
      WSHFS.DeleteFile cookiefile, True
    End IF
  End IF

End Function

録音時間計算のスプリクトです。バッチファイルで時間計算は大変なのでWSHで処理します。 Time.vbsはradiko.batと同じ場所においてください
Time.vbs

' CScript Time.vbs /r:0:01:00
' CScript Time.vbs /d:2016/12/14 /t:18:47:44

Option Explicit
Dim argRecTime
Dim value
dim gRecTime
dim argDay
dim argTime
Dim aNamed
Set aNamed = WScript.Arguments.Named

argRecTime = WScript.Arguments.Named.Item("r")
argDay = WScript.Arguments. Named.Item("d")
argTime = WScript.Arguments. Named.Item("t")

if not (argRecTime = "") Then

    '引数で指定の録音時間を日時属性に変換
    gRecTime = TimeValue(argRecTime)

    '録音終了日時を求める
    Dim gEndDate
    gEndDate = Now() + gRecTime
    WScript.Echo gEndDate

End If

if not (argDay = "") Then

    '引数で指定の録音時間を日時属性に変換

    argDay = DateValue(argDay)

    if (argTime = "") Then
        argRecTime = argDay
    Else
        argRecTime = TimeValue(argTime)
        argRecTime = argDay + argRecTime
    End If

    '録音秒数をrtmpdumpの引数形式(秒数)にする
    gRecTime = argRecTime - Now()
    if (gRecTime > 0) Then
        gRecTime = Hour(gRecTime) * 60 * 60 + Minute(gRecTime) * 60 + Second(gRecTime) + 20
        '20秒ほどマージンを設けることで録音終了時の誤差でリトライにいってしまうことを防止する。
    Else
        gRecTime ="EXIT"
    End If
    WScript.Echo gRecTime

End If

タスクスケジューラを使って予約する為のバッチファイル
(schtasks.batは管理者として実行してください)
TBS_schtasks.bat

goto kome

/sc 種類 	スケジュールの種類を指定する。指定できる種類は次の通り。
種類 	内容
MINUTE 	分単位でスケジュールを指定
HOURLY 	時間単位でスケジュールを指定
DAILY 	日単位でスケジュールを指定
WEEKLY 	週単位でスケジュールを指定
MONTHLY 	月単位でスケジュールを指定
ONCE 	指定した日時に一回限り実行
ONSTART 	システム起動ごとに実行
ONLOGON 	ログオンごとに実行
ONIDLE 	アイドル状態が一定時間続いた場合に実行

/d 日 	曜日または日にちを指定する。 スケジュールの種類が「WEEKLY」、または「MONTHLY」の場合に有効。
曜日は以下のように3文字で表す。
値 	内容
MON 	月曜日
TUE 	火曜日
WED 	水曜日
THU 	木曜日
FRI 	金曜日
SAT 	土曜日
SUN 	日曜日
MON,TUE,WED,THU,FRI,SAT,SUN
スケジュールの種類と指定できる値は次の通り。
WEEKLYの場合 MON~SUN、あるいは「*(毎日)」。 省略時は「/d MON」を指定したとみなされる。
MONTHLYの場合 1~31の数字。省略時は「/d 1」 を指定したとみなされる。「/mo」オプションに
FIRST、SECOND、THIRD、FOURTH、LAST が指定されている場合は、必ず「/d」オプションで曜日を指定する。

TBS
QRR
LFR
RN1
RN2
INT
FMT
FMJ
JORF
BAYFM78
NACK5
YFM
HOUSOU-DAIGAKU

:kome

SCHTASKS /CREATE /TN "TBS_菊地成孔の粋な夜電波" /TR "D:\RadikoRec\RadikoRec.bat TBS 1:01:00 菊地成孔の粋な夜電波" /SC WEEKLY /d FRI /ST 23:59

pause

以上4つの実行ファイルと2つのバッチファイルと2つのvbsファイルと同じフォルダに置いて(上記の例ではD:\RadikoRec)
TBS_schtasks.batに録音したい番組を記入してタスクスケジューラに登録して実行する形になります。
タスクスケジューラにて実行するため後日動作確認する時用に実行フォルダにLOGを残す動きになっています。時々ファイルを削除してください

このスプリクトは試験的なもので要望など、いかなるサポートも行いません。 録音失敗や何らかの、いかなる損害が発生しても、苦情などを一切受け付けません。全て自己責任で利用してください。

 

radiko.jpのHLS形式ストリーミングをバッチファイルとWSHで録音する” への1件のフィードバック

  1. 初めまして
    突然失礼します。

    この記事大変参考にさせていただきました。
    当方LINUX上で保存しております。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)