radiko.jpをデバイスを指定して再生する

前回の記事で仮想オーディオデバイスを追加したり

仮想オーディオデバイスWsAudioDeviceSを追加する


録音ソフトを検証したりした

radiko.jpのタイムフリーの録音ソフトを検証する


前回の記事で仮想オーディオデバイスを指定してradiko.jpを指定して再生すれば5局まで同時録音できることを説明したが今回、デバイスを指定して再生する事を記事にしたい。

デバイスを指定して再生するにはrtmpdumpとmplayerをコマンドプロンプトで使用する

rtmpdump
https://github.com/K-S-V/Scripts/releases

mplayer
http://mplayerwin.sourceforge.net/downloads.html

フォルダを作成して解凍して同じ場所に配置する

listen_radiko_TBS.bat

set ch=TBS
for /f %%i in ('AYTHKeyGet.bat') do SET AUTHTOKEN=%%i

rtmpdump -q -flashVer "適当な文字列" -vr "rtmpe://w-radiko.smartstream.ne.jp:1935/%ch%/_definst_/simul-stream.stream" -f " " -C S:"" -C S:"" -C S:"" -C S:%AUTHTOKEN% | mplayer -cache 128 -ao dsound:device=6 )

上記のバッチファイルを作成する
set ch=TBSでチャンネル設定。
AYTHKeyGet.batでAuthTokenの取得を行う。詳しくは後ほど説明する。
mplayer -cache 128 -ao dsound:device=6のdsound:device=6の任意の数字でデバイスを指定する。サウンドの設定で番号はコロコロ変わるので注意必要だ

AYTHKeyGet.bat

CScript AYTHKeyGet.vbs

上記のバッチファイルを作成する

AYTHKeyGet.vbs

–2016年12月15日修正–
元のRadikoを録音するWSHが公開を停止したためソースを削除しました。下記の記事でAYTHKeyGet.vbsを公開してますので参照してください。

radiko.jpをバッチファイルとWSHで録音する

 

上記のスプリクトファイルを作成する
上記のスプリクトは前回の記事で紹介したスプリクトのAuthTokenの取得だけ切り取ってAuthTokenを返すようにしてある

radiko.jpを録音する


こちらの記事の
Radikoを録音するWSH
https//gist.github.com/booska/8861693
から引用した。
もちろんこのスプリクトの指示通りswfextract.exeやwget.exe を取得して使える状態にする必要がある。

これらのファイルを用意してlisten_radiko_TBS.batを実行すると仮想オーディオデバイスにTBSラジオが再生される。もちろん地域によって聞けるチャンネルは違うので任意のチャンネルを指定してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)